アーティスト Artist

髙橋匡太

髙橋匡太

ひかりの実 in SIKI ガーデン 2021 年 ROKKO 森の音ミュージアム 写真:村上美都

プロフィール

髙橋匡太

髙橋匡太 / Kyota Takahashi

1970年 京都府生まれ、在住
1995年 京都市立芸術大学大学院美術研究科彫刻専攻修了

光や映像によるパブリックプロジェクション、インスタレーション、パフォーマンス公演など幅広く国内外で活動を行っている。京都市京セラ美術館、東京駅100周年記念ライトアップ、十和田市現代美術館など建築物へのライティングプロジェクトは、ダイナミックで造形的な光の作品を創り出す。多くの人とともに作る「夢のたね」、「ひかりの実」、「ひかりの花畑」など大規模な参加型アートプロジェクトも数多く手がけている。

Kyota TAKAHASHI

Born 1970 in Kyoto, Live in Kyoto.

Kyota Takahashi produces a wide range of works with light and images such as public projection, installations, and performances. Lighting projects for buildings create dynamic and sculptural works of light, represented by the Kyoto City Kyocera Museum of Art, Tokyo Station 100th Anniversary Illumination, and Towada Art Center, etc. He has produced a lot of large-scale participatory art projects such as “Dream Seeds,” “Hikari no Mi,” and “Hikari no Hanabatake(Flower field of light)”,  in which many people are involved.

 

受賞歴

2021
第34回京都美術文化賞
2020 
日本建築美術工芸協会賞(AACA賞) AACA賞(協会賞/最優秀賞)受賞
2015
六甲ミーツ・アート芸術散歩2015 主催者特別賞受賞

その他写真

髙橋匡太

光り織  2017年 越後妻有文化ホール・十日町市中央公民館「段十ろう」、十日町市 新潟 photo:村上美都

髙橋匡太

京都市京セラ美術館外観照明 2020年  京都市京セラ美術館 京都市 photo: 村上美都