アーティスト Artist

村山大明

村山大明

森Ⅱ 2021年 くどやま芸術祭 九度山町

プロフィール

村山大明

村山 大明 / Tomoaki MURAYAMA

1989年 京都府生まれ、在住
2014年 創造社デザイン専門学校 イラストレーション専攻卒業

幼少の頃より山村で育つ中で自然に興味を持ち、農業学校卒業後農業を行う。
その後デザイン専門学校卒業、大阪で画家として活動を始め、2020年より京都の山村に移住しアトリエを構える。

「自然」と「調和・交わり」をテーマに、モノクロのペンによる細かな描き込みで動植物の群像を描く。またペン画風の立体造形「3-Draw series」を制作し、立体と平面を組み合わせたインスタレーションを展開している。

アトリエ周辺の環境や農作業の中でのモチーフの観察と、緻密な描写のための膨大な時間は、自然との対話・交わりのための重要な行為である。

主な活動は、関西および東京を中心に個展・イベント出展のほか、企業依頼による壁画制作やディスプレイなどの空間装飾を行なっている。

 

Tomoaki MURAYAMA

Born 1989 in Kyoto, Live in Kyoto.

Growing up in a mountain village since childhood, he became interested
in nature and started farming after graduating from an agricultural school.

After graduating from a design vocational school, he started working as a painter in Osaka, and moved to a mountain village in Kyoto in 2020 to set up an atelier.

Under the theme of “nature” and “harmony / fellowship”, a group of animals and plants is drawn with a monochrome pen. In addition, he has produced a pen-style three-dimensional model “3-Draw series” and is performing an installation that combines three-dimensional objects and two-dimensional objects.

Observing motifs in the environment around the atelier and in farm work, and the enormous amount of time for detailed depiction, are important acts for dialogue and fellowship with nature.

His main activities include exhibiting solo exhibitions and events mainly in Kansai and Tokyo, as well as creating mural paintings and decorating spaces such as displays at the request of companies.

 

Web・SNS
web
Instagram
Twitter

主な展覧会歴

2021
「SICF20 Winners Exhibition」スパイラル(東京)
2021
「くどやま芸術祭2021」九度山町(和歌山)
2019
個展  SUNABA gallery(大阪)

受賞歴

2020
SICF21 スパイラル奨励賞
2019
UNKNOWN ASIA 2019 MISS KANOKNUCH SILLAPAWISAWAKUL 賞
2015
ART STREAM2015 奨励賞・インターグループ賞

その他写真

村山大明

Cherry Blossoms. 35.205460, 135.581538 2021年 SICF20 Winners Exhibition、スパイラル

村山大明

森 2019年 UNKNOWN ASIA 2019 グランフロント大阪

グルメ&ショッピング