アーティスト Artist

冨井大裕

冨井大裕

個展「線を重ねる」(Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku、2021年) 撮影:柳場大 ©Motohiro Tomii, Courtesy of Yumiko Chiba Associates

プロフィール

冨井大裕

冨井大裕 / Motohiro TOMII

美術家。1973年新潟県生まれ。1999年武蔵野美術大学大学院造形研究科彫刻コース修了。2015-2016 年文化庁新進芸術家海外研修制度研修員としてニューヨーク(アメリカ)に滞在。現在、埼玉県在住。

既製品に最小限の手を加えることで、それらを固定された意味から解放し、色や形をそなえた造形要素として、「彫刻」のあらたな可能性を模索する。

また、2008年よりアーカススタジオにて、作品が朽ちるまで続く実験的な個展「企画展=収蔵展」を開催、Twitter にて毎日発表される「今日の彫刻」などと併せ、既存の展示空間や制度を批評的に考察する活動でも注目を集める。

Motohiro TOMII

Artist. Born in Niigata in 1973. M.A., Fine Arts (Sculpture), Musashino Art University in 1999. From 2015 to 2016, stayed in New York granted a fellowship of the Japanese Government Overseas study program for artist by the Agency of Japan Cultural Affairs,Japan. Currently lives in Saitama.

He makes minimum alterations to ready-made objects in order to release them from their fixed definitions, thereby exploring new possibilities in “sculpture” which holds coloror shape as a formative element.

Since 2008, Tomii has been holding an experimental solo exhibition, Special Exhibition= Permanent Collection Exhibition at ARCUS Studio in Ibaraki, which will not finish until the exhibited works rust away. Along with his daily updated Today’s sculpture series in Twitter, he attracts attention for activities that critically consider existing exhibition spaces and systems.

Web・SNS
Web
Web
Twitter

主な展覧会歴

2021年
個展「線を重ねる」Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku/東京
2020年
個展「動き」switch point/東京
「Re construction 再構築」練馬区立美術館/東京
 
 
2011
[Solo Exhibition]Superimposed lines, Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku, Tokyo, Japan
2020
[Group Exhibition]Re construction, Nerima Art Museum, Tokyo, Japan
[Solo Exhibition]motion, switch point, Tokyo, Japan

受賞歴

1999年
第4回アート公募2000審査員大賞受賞
 
 
1999
The 4th contest for the best contemporary art work 2000 Grand Prix

その他写真

冨井大裕

バーノーザンライト 2019 木材、鉄、畳、石膏、蛍光灯、クリップライト、ターポリン、看板(制作:中崎透)、他 制作協力:LPACK 撮影:阪中隆文 ©Motohiro Tomii, Courtesy of Yumiko Chiba Associates

冨井大裕

キャノンボール2 2021 鉄、バスケットボール 54×24×113㎝ DOMANI plus @ 愛知「まなざしのありか」(愛知芸術文化センター、2022年) 撮影:大塚敬太+稲口俊太 ©Motohiro Tomii

グルメ&ショッピング