当サイトは以下のウェブブラウザでの閲覧を推奨しております。
推奨ウェブブラウザ以外でのご利用においては、掲載コンテンツが正しくご利用できないことがございます。

パソコン:Internet Explorer9以上、Google Chrome、Mozilla Firefox、Safariの各最新版(2016年6月現在)
スマートフォン:iOS7以上、Android4.1.X以上に搭載の標準ブラウザ(2016年6月現在)

ROKKO MEETS ART

2018/11/18 08:56 現在 天候:10℃ 景色:

いいね

イベントスケジュール

イベント音楽

オルゴールミュージアムのクリスマス ”ヘンゼルとグレーテル”とお菓子の家

2018/11/26〜2018/12/25

  • シェア
  • ツイートツイート
  • シェアシェア

六甲オルゴールミュージアムのクリスマス

“ヘンゼルとグレーテル”とお菓子の家
11月26日(月)~12月25日(火)

 

オルゴールの音色はクリスマスにぴったり。様々なアンティーク・オルゴールなどの自動演奏楽器によるコンサートでは素敵なクリスマスを演出する楽曲を演奏します。美しい音色に包まれるひとときをお過ごしください。

DSC_0097_r_r

特集コンサート

特集コンサートでは、オペラ「ヘンゼルとグレーテル」をオルゴールなどの自動演奏楽器で演奏します。クリスマス・シーズン定番のこのオペラは、グリム童話が原作で、ドイツの作曲家エンゲルベルト・フンパーディンクによって作曲されました。

コンサートでは、ドイツの煙出し人形※1のお香の香りに包まれた展示室で、スタッフによる朗読を交えてストーリーを紹介しながら、オルゴールなどの自動演奏楽器でオペラの楽曲を 演奏します。

DSC_0260_r_r

※1木工工芸が盛んなドイツ東部、エルツ山地で作られている木彫りの人形。中にお香を入れると、口から煙が出てくる。19世紀の初めにはすでにクリスマスにお香を焚く習慣がエルツであり、同じ頃にヨーロッパで流行した煙草と結びついて、煙草をふかす人形と言う形式が確立したと考えられている。
(参考:クランツァール煙出し人形博物館HP)

【期  間】
11月26日(月)~12月25日(火)
【演奏時間】
10:30~16:30の毎時30分から(各回約15分)

【演奏曲目】
オペラ「ヘンゼルとグレーテル」から
“メドレー”
“こびとが森に立っている”

“お菓子の二重奏” 他
【演奏楽器】 
・ハーヴェスト(自動演奏オルガン)/1991年/オランダ製
・ヴェルテ2型 (自動演奏オルガン)/1900年頃/ドイツ製
・レジーナフォン155型(ディスク・オルゴール)/1910年頃/アメリカ
・ポリフォン54型“ミカド”(ディスク・オルゴール)/1900年頃/ドイツ製    他        

_DSC1373_r_r

レギュラーコンサート

オルゴール等の演奏と歴史や仕組みの解説が楽しめるレギュラー・コンサートでは、讃美歌や定番のクリスマスソング等も演奏します。

【演奏時間】
10:05~以降毎時00分から(各回約20分)
【演奏曲目】
讃美歌109番“きよしこの夜”

“Winter Wonderland” 他

クリスマス展示室1img_r

館内展示

洋菓子コンテスト出展作品「お菓子の家」

オペラ「ヘンゼルとグレーテル」にちなんでお菓子の家を展示します。展示作品は、兵庫県洋菓子協会が主催する「クリスマスケーキコンテスト」の「ヘクセンハウス※2部門」で今年度の作品5点(予定)です。今年60回目を迎えるこのコンテストでは、スイーツの街神戸からも多くの名店が毎年参加し、高い技術を競い合っています。

※2ドイツ語で「魔女の家」の意味。グリム童話「ヘンゼルとグレーテル」に登場する魔女の家はクリスマスに欠かせないお菓子でできているので、転じてお菓子の家を指す。

DSC_0181_r_r

クリスマス・クッキー

クリスマス・ツリー発祥の地、ドイツではクリスマスの時期になるとツリーにお菓子を飾る風習があります。香辛料をたっぷり使ったクリスマス・クッキーは長持ちをする事から長寿を意味し、クリスマス・ツリーに飾られます。その風習にちなみ、生木のモミの木に当館のスタッフが焼き上げたクリスマス・クッキーを飾り付けます。クリスマス・クッキーの甘い香りのするコンサート展示室でオルゴールなどの演奏が楽しめます。

クッキー

オルゴール・クリスマス・ナイトコンサート2018はこちらから