閉じる

ニュースリリース

2020年8月3日

2021年春、六甲山に誕生する 日本最大級のアスレチック施設名称が決定! 監修に大人気動画クリエイター「フィッシャーズ」が参加!

  • シェア
  • ツイートツイート
  • シェアシェア

六甲山観光株式会社(本社:神戸市 社長:宮西幸治 阪神電気鉄道株式会社100%出資)が運営する六甲山カンツリーハウスは、六甲山フィールド・アスレチック及びフォレストアドベンチャー・神戸六甲山を組み込んで1つの新たなアスレチック施設として2021年春にオープンすることを目指してプロジェクトを進めております。

この度、新施設名称を「六甲山アスレチックパークGREENIA(グリーニア)」とし、同時に、本プロジェクトのアスレチック監修ロゴ・エリアネーミング監修等に大人気動画クリエイターであるフィッシャーズさんが参加することが決定いたしました。

瀬戸内海国立公園に指定されている六甲山の緑に囲まれた約230,000㎡のスケールを誇る敷地に、150アクティビティを超えるアスレチックが楽しめる「六甲山アスレチックパークGREENIA(グリーニア)」は、フィッシャーズさんと一緒に、大人から子どもまで楽しめるアスレチックづくりに努めて参ります。

ニュースリリース一覧へ