閉じる

スタッフからの一言

2019年05月10日

ヒマラヤの青いケシ

「ヒマラヤの青いケシ」とはケシ科メコノプシス属の中で青い花を咲かせる種の総称です。
チベット南部から中国西南部にかけて生育し、高さが1.6mにもなる多年草です。
いわゆるアヘンの材料となるケシの仲間とは別で、
学名も「ケシに似ている」という意味です。
澄んだ青色の花が美しく、空に溶けるようです。

青いケシの見頃は6月中旬までの見込み。
イベント「秘境の花 ヒマラヤの青いケシ」は6/23(日)までです。
まだご覧になっていない方はお早めに!
ヒマラヤの青いケシ

一覧に戻る