KERETA & BUS KABEL ROKKO

HISTORY六甲ケーブルの歴史

六甲ケーブルは
昭和7年3月10日に開業しました。
現在の車両は、初代から数えて3代目。
平成11年3月より運行しています。

初代ケーブルカー運行開始(昭和7年)

初代ケーブルカー運行開始(昭和7年)

前身の六甲越有馬鉄道株式会社設立
(大正12年10月14日)

展望車増結(昭和27年)

山上駅にて食堂の営業開始
(昭和31年)

2代目ケーブルカー運行開始(昭和34年)

2代目ケーブルカー運行開始(昭和34年)

山上・麓の両駅乗降場 増築工事完成
(昭和37年)

皇太子明仁親王同妃両殿下がケーブルカーにご乗車
(昭和43年)

浩宮徳仁親王殿下が
ケーブルカーにご乗車
(昭和46年)

麓の「土橋駅」を
「六甲ケーブル下駅」に駅名変更
(昭和48年)

3代目(平成11年〜)

01
  • 1号車 クラシックタイプ

    伝統的なフェスティバルカラーの赤と緑が美しい車両です。
    座席と床面に天然木を使用し、屋根をガラス張りにするなど、六甲の自然をより満喫できるつくりとなっています。

  • 2号車 クラシックタイプ

    伝統的なフェスティバルカラーの赤と緑が美しい車両です。
    座席と床面に天然木を使用し、屋根をガラス張りにするなど、六甲の自然をより満喫できるつくりとなっています。

  • 3号車 クラシックタイプ

    伝統的なフェスティバルカラーの赤と緑が美しい車両です。
    座席と床面に天然木を使用し、屋根をガラス張りにするなど、六甲の自然をより満喫できるつくりとなっています。


02
  • 2号車 レトロタイプ

    阪神電車旧1形車と旧神戸市電をイメージした車両です。
    座席にモケット、床面にはカーペットを使用するなど、落ち着いたムードが漂う豪華な内装となっています。

  • 3号車 レトロタイプ

    伝統的なフェスティバルカラーの赤と緑が美しい車両です。
    座席と床面に天然木を使用し、屋根をガラス張りにするなど、六甲の自然をより満喫できるつくりとなっています。

  • 4号車 レトロタイプ

    伝統的なフェスティバルカラーの赤と緑が美しい車両です。
    座席と床面に天然木を使用し、屋根をガラス張りにするなど、六甲の自然をより満喫できるつくりとなっています。

Gambaran keseluruhan kemudahan

Pembukaan
10 Mac 1952
kaedah
1 kereta 2 kereta bersambung 4 buah kereta
panjang penuh
1,690.5m(斜長1,764.0m)
Perbezaan ketinggian antara titik permulaan dan akhir
493.3m
Cerun
26 darjah 40 minit terpantas, 13 darjah 23 minit paling perlahan
Kelajuan memandu
3.0m / s (10.8km / j)
Masa memandu
Lebih kurang 10 minit

Spesifikasi utama kenderaan

Berat formasi
18.0t (kereta pemerhatian 8.7t, kereta kotak 9.3t)
Jumlah penumpang maksimum
201 orang / 100 orang untuk kedua-dua kereta pemerhatian dan kereta kotak (28 tempat duduk, 72 tempat duduk berdiri), 1 anak kapal
編成最大寸法(長×巾×高)
24,171 mm x 2,700 mm x 3,750 mm
ブレーキ装置の
種類
Formula celestine fanny

Maklumat stesen

Stesen kabel bawah Rokko

Stesen kabel bawah Rokko

Bangunan stesen dengan reka bentuk pondok segitiga retro dengan bumbung segitiga besar. Bangunan ini dibina dengan gaya yang sama seperti Stesen Rokko Sanjo pada saat pembukaannya pada tahun 1952, tetapi sejak dihanyutkan oleh bumi dan pasir yang mengalir keluar dari pergunungan akibat Banjir Hanshin Besar pada tahun 1933, bangunan stesen semasa aktif sebagai stesen kedua. Saya adalah.

Klik di sini untuk peta stesen
Stesen Rokko Sanjo

Stesen Rokko Sanjo

昭和7年の開業当時の姿をそのままとどめており、重厚な駅舎は昭和初期の華やかな雰囲気とレトロさを感じさせます。アールデコ調の駅舎は、山上の道路から見ると3階建てに見えますが、駅西の歩道から見ると4階建てであることがわかるモダンなデザインです。平成12年「近畿の駅百選」、平成19年経済産業省が定める「近代化産業遺産」に認定されました。

Klik di sini untuk peta stesen
六甲ケーブルの仕組み