当サイトは以下のウェブブラウザでの閲覧を推奨しております。
推奨ウェブブラウザ以外でのご利用においては、掲載コンテンツが正しくご利用できないことがございます。

パソコン:Internet Explorer9以上、Google Chrome、Mozilla Firefox、Safariの各最新版(2016年6月現在)
スマートフォン:iOS7以上、Android4.1.X以上に搭載の標準ブラウザ(2016年6月現在)

ROKKO MEETS ART

2017/09/22 09:26 現在 天候:17℃ 景色:

いいね

六甲ケーブル

六甲ケーブル

六甲山の玄関口として、六甲ケーブル下駅から六甲山上駅までの約1.7km、高低差493.3mを約10分間で結びます。車両は、「クラシックタイプ」と「レトロタイプ」の2編成。世界でも珍しい山上側の箱形車と山下側の展望車の2両連結で運転しています。

六甲ケーブルについて

初代(昭和7年~33年)

初代(昭和7年~33年)

2代目(昭和34年~平成11年)

2代目(昭和34年~平成11年)

3代目(平成11年~)

六甲ケーブルは 昭和7年3月10日に開業しました。現在の車両は、初代から数えて3代目。平成11年3月より運行しています。

1号車 クラシックタイプ

  • 1号車 クラシックタイプ(1)
  • 1号車 クラシックタイプ(2)

伝統的なフェスティバルカラーの赤と緑が美しい車両です。座席と床面に天然木を使用し、屋根をガラス張りにするなど、六甲の自然をより満喫できるつくりとなっています。

2号車 レトロタイプ

  • 2号車 レトロタイプ(1)
  • 2号車 レトロタイプ(2)

阪神電車旧1形車と旧神戸市電をイメージした車両です。座席にモケット、床面にはカーペットを使用するなど、落ち着いたムードが漂う豪華な内装となっています。

設備概要

開業
昭和7年3月10日
方式
1連2車連結4車交走式
全長
1,690.5m(斜長1,764.0m)
起終点高低差
493.3m
勾配
最急26度40分、最緩13度23分
運転速度
3.0m/s(10.8km/h)
運転所要時間
約10分

車両主要諸元表

編成自重
18.0t(展望車8.7t、箱形車9.3t)
最大乗車人数
201人/展望車、箱形車とも100人(座席28人、立席72人)、乗務員1人
編成最大寸法
(長×巾×高)
24,171mm×2,700mm×3,750mm
ブレーキ装置の種類
セレッチタンファニー式
  • 設備概要
    開業
    昭和7年3月10日
    方式
    1連2車連結4車交走式
    全長
    1,690.5m(斜長1,764.0m)
    起終点高低差
    493.3m
    勾配
    最急26度40分、最緩13度23分
    運転速度
    3.0m/s(10.8km/h)
    運転所要時間
    約10分
  • 車両主要諸元表
    編成自重
    18.0t(展望車8.7t、箱形車9.3t)
    最大乗車人数
    201人/展望車、箱形車とも100人(座席28人、立席72人)、乗務員1人
    編成最大寸法
    (長×巾×高)
    24,171mm×2,700mm×3,750mm
    ブレーキ装置の種類
    セレッチタンファニー式

駅のご案内

六甲山の玄関口である六甲ケーブル下駅

六甲山の玄関口である六甲ケーブル下駅

大きな三角屋根が目印の、レトロな山小屋風デザインの駅舎です。昭和7年の開業当時は六甲山上駅と同じ様式で建てられていましたが、昭和13年の阪神大水害で山から流出した土砂に押し流されたため、現在の駅舎は2代目の駅として活躍しています。

駅構内図はこちら

開業当時の姿を残す六甲山上駅

開業当時の姿を残す六甲山上駅

昭和7年の開業当時の姿をそのままとどめており、重厚な駅舎は昭和初期の華やかな雰囲気とレトロさを感じさせます。アールデコ調の駅舎は、山上の道路から見ると3階建てに見えますが、駅西の歩道から見ると4階建てであることがわかるモダンなデザインです。平成12年「近畿の駅百選」、平成19年経済産業省が定める「近代化産業遺産」に認定されました。

駅構内図はこちら