閉じる

Language

お知らせ お知らせ

2020年06月25日 |プレスリリース

名建築を楽しもう! 『六甲山サイレンスリゾート(旧六甲山ホテル)』を 六甲ミーツ・アート 芸術散歩2020の新たな会場に決定!

六甲山観光株式会社(本社:神戸市 社長:宮西幸治 阪神電気鉄道株式会社100%出資)は、2020年9月12日(土)から11月23日(月・祝)まで現代アートの展覧会「六甲ミーツ・アート 芸術散歩2020」を開催します。本展は現代アート作品を通じ、六甲山の魅力を再発見してもらう事を大きなテーマにした展覧会で今年で11回目を迎えます。

この度、八光自動車工業様のご協力をいただき、“阪神間モダニズム”を象徴する歴史的建造物である「旧六甲山ホテル」の旧館を修復し活用した施設「六甲山サイレンスリゾート」を本展の会場に決定いたしました。クラシカルモダンな雰囲気を残した空間で、同会場では立体造形アーティストとして活躍している中村萌氏をはじめ、4組の招待作家の作品展示を予定しています。

他にも安藤忠雄氏が設計した「風の教会(六甲の教会)」、三分一博志氏設計の「自然体感展望台 六甲枝垂れ」、2007年に近代化産業遺産に指定された「六甲ケーブル六甲山上駅」の駅舎など、建築物としても見ごたえのある会場での作品鑑賞を楽しんでいただけます。

 

詳しいリリースはこちら

最近のお知らせ

SNSフォトコンテスト