はじめてガイド はじめてでも楽しめる!六甲山スノーパークに行こう!4つのステップで誰でも簡単にスキー&スノーボードデビュー

スクールとセットで
お得にゲレンデデビュー!

  • お得なセット料金はこちら!スキーデビュー応援企画
  • お得なセット料金はこちら!ボードデビュー応援企画

STEP1
準備編

どんな道具が必要なの??

必ず必要なアイテム 
持っていない場合はレンタルを利用しよう!

必ず必要なアイテム画像
スキー板・ストック/スノーボード
<レンタルあり>
レンタルでは初心者が扱いやすいモデルをご用意。
身長等に合わせてサイズをお選びします。
スキー・スノーボードブーツ
<レンタルあり>
ジャストサイズを選んで、さらにシューズフィッティングコーナーで正しい履き方を教えてもらおう。
自分に合ったシューズを選ぶことが上達への近道!
スキー・スノーボードウェア
<レンタルあり>
レンタルウェアコーナーは、デザインやサイズを選べるウオークイン方式だから楽しく選べます。
グローブ
<レンタルあり>
防寒のためにも必須の手袋。ウインタースポーツ専用のものだと防水機能が優れているものが多いです。

ブーツの履き方

ボードブーツの履き方

スキーブーツの履き方

体を守るアイテム 
寒さ対策や怪我の防止などにも役立つアイテムを忘れずに。

インナーウェア
インナーウェア
速乾性の高い肌着にフリースを合わせるのがおすすめ。ボトムはレギンスやタイツなど薄手で温かく動きやすいものを。
靴下(ソックス)
靴下(ソックス)
厚すぎないひざ下までのハイソックスであればOK。ウインタースポーツ専用だとさらに◎
ニット帽(ビーニー)
ニット帽(ビーニー)
市販のニット帽でOK。寒さ対策と転んだ際の頭の保護のために必ず被ろう。
ゴーグル・サングラス
ゴーグル・サングラス
雪面の照り返しが強いゲレンデでは目の保護のために必要。天候にあわせてレンズの色や濃さのバリエーションもある。
プロテクター(おしり・ひざパッド)
プロテクター
(おしり・ひざパッド)
初心者のうちは転ぶことが多く、痛いと気分が下がる。プロテクターを付けることで痛くなくなり上達の近道に。

あると便利なアイテム 
スキーやスノーボードで活躍するアイテムをチェック。

パスケース
パスケース
リフト券や小銭を入れよう。スノーパークのオリジナルパスケースは園内で150円で販売しています。
日焼け止め・リップクリーム
日焼け止め・
リップクリーム
照り返しの強いゲレンデでは、短時間で日焼けします。乾燥もしているのでUVカット効果のあるリップクリームがおすすめ。
ネックウォーマー・バンダナ
ネックウォーマー・
バンダナ
寒い日にはネックウォーマー、晴れたには日除け用のバンダナがおしゃれアイテム。
着替え
着替え
スキーやスノーボードは汗をかくので、体を冷やさないように着替えてから帰ろう。
使い捨てカイロ
使い捨てカイロ
吹雪いている日やナイターなどは寒いことが多いので、携帯しておくと安心。

レストランアルペンローゼでも
購入できる!

レストランへ

STEP2
移動編

ゲレンデまでの移動方法をチェックしよう。

  1. その1自家用車で!
    道順は?チェーンは必要?

    思い立ったらすぐ行動!
    車で六甲山スノーパークへ
    行きたいあなた!

  2. その2直行バスで!
    乗り換えなしでゲレンデへ楽々!

    バスに乗って楽々。
    ドアtoドアで六甲山スノーパークへ
    行くなら直行バス!

  3. その3電車&ケーブルカーで!
    車がなくてもOK

    行き帰りの時間が分かるから
    予定が立てやすい!

アクセスへ

STEP3
入園編

六甲山スノーパークへ到着!まずどうすればいいの?

  1. 1入口で入園券・レンタル券を買って入園しましょう。
  2. 2ウェア・ブーツ・グローブをレンタルする人はレンタル券を持ってレンタルコーナー①へ行こう。
  3. 3着替えはレンタルコーナー①横の更衣室を使おう!ロッカーもここにあるよ。
  1. 4板のレンタル券を持っている人は、レンタルコーナー②で板を受け取ろう。
  2. 5リフト券はゲレンデ下のリフト券得る場で購入しよう。平日は入口でリフト券を買えるよ!

わからないことがあったら、
インフォメーションへ行こう!

施設マップへ

レストランへ

STEP4
実践編

滑るためのコツをつかもう!

スクール画像

全くはじめての人は、
ぜひスキー・スノーボードスクールへ!

入園・スクール・レンタルをネットで事前決済すれば、入り口で並ばず入園できます。
道具の使い方や滑り方などをお教えします。

スクールへ

ムービングベルト画像

自分で練習したい人は、
最初は緩やかな斜面からはじめよう

ムービングベルトが目印の緩斜面ゲレンデ(第3ゲレンデ)が練習に最適です。

ゲレンデ+リフトへ

スクールとセットで
お得にゲレンデデビュー!

  • お得なセット料金はこちら!スキーデビュー応援企画
  • お得なセット料金はこちら!ボードデビュー応援企画

ページ上部へ戻る