当サイトは以下のウェブブラウザでの閲覧を推奨しております。
推奨ウェブブラウザ以外でのご利用においては、掲載コンテンツが正しくご利用できないことがございます。

パソコン:Internet Explorer9以上、Google Chrome、Mozilla Firefox、Safariの各最新版(2016年6月現在)
スマートフォン:iOS7以上、Android4.1.X以上に搭載の標準ブラウザ(2016年6月現在)

2019/06/17 09:00 現在 天候:14℃ 景色:

ニュースリリース

2019年2月28日

自然体感展望台 六甲枝垂れ と 白鶴酒造 の初の取り組み コラボレーション日本酒「白鶴 大吟醸 六甲枝垂れ」 3月7日(木)から「氷室」で貯蔵開始!

  • シェア
  • ツイートツイート
  • シェアシェア

六甲山観光株式会社(本社:神戸市 社長:宮西幸治 阪神電気鉄道株式会社100%出資)が運営する「自然体感展望台 六甲枝垂(しだ)れ」と、灘五郷の酒蔵「白鶴酒造株式会社」(本社:神戸市 代表取締役社長:嘉納健二)では、今回初めてコラボレーションした日本酒「白鶴 大吟醸 六甲枝垂れ」2019年3月7日(木)に自然体感展望台 六甲枝垂れ内の「氷室(ひむろ)」に貯蔵した後、自然体感展望台 六甲枝垂れの10周年日である2019年7月13日(土)から、653本限定で販売します。

自然体感展望台 六甲枝垂れでは、毎年大寒の日に「氷棚(ひょうだな)(※参照)」にできた天然の氷を切り出し、氷室に貯蔵する「氷の切り出し」を行っています。その後、例年7月13日に氷室の扉を開く「氷室開き」を行った後、天然のクーラーを体験できる「冷風体験」を実施しながら、8月末ごろまで氷を貯蔵しておくことができるため、氷室内を一定の温度に保つことができます。今回のコラボレーション日本酒は、天然の氷と一緒に氷室貯蔵することで、フルーティーな香りはそのままに、まろやかな味わいの日本酒に仕上げます。

ニュースリリース一覧へ