当サイトは以下のウェブブラウザでの閲覧を推奨しております。
推奨ウェブブラウザ以外でのご利用においては、掲載コンテンツが正しくご利用できないことがございます。

パソコン:Internet Explorer9以上、Google Chrome、Mozilla Firefox、Safariの各最新版(2016年6月現在)
スマートフォン:iOS7以上、Android4.1.X以上に搭載の標準ブラウザ(2016年6月現在)

2019/12/16 09:00 現在 天候:4.2℃ 景色:

イベントスケジュール

終了

イベント

原種シクラメンとダイヤモンドリリー展

2019/10/01〜2019/11/24

  • シェア
  • ツイートツイート
  • シェアシェア

初開催!「原種シクラメンとダイヤモンドリリー展」

 

園芸植物としてよく知られる「シクラメン」の原種と、花弁がキラキラと輝くことから「ダイヤモンドリリー」と呼ばれる「ネリネ」はどちらも当園の秋を彩る人気植物です。

この企画展では、シクラメンの原種「シクラメン・ヘデリフォリウム」約500株の群落のほか、原種シクラメンとネリネの鉢植えと切り花の展示、花苗の販売を行います。

【期間】10月1日(火)~11月24日(日)

(協力:横山園芸)

 

????????????????????????????????????

◆シクラメン(サクラソウ科)
園芸新種としておなじみのシクラメンの仲間は、地中海沿岸に接する低い山岳地帯に自生しています。花が咲いた後、花茎がくるくると巻くことにちなみ、ギリシャ語で「円」をあらわす「kiklos」から名づけられました。ただし、この特徴は原種にのみ見られ、園芸種で目にすることはありません。

ネリネ

◆ネリネ(ヒガンバナ科)
南アフリカ原産の多年草で、約23種が分布しています。花弁に光が当たると金属光沢のように輝くので、別名「ダイヤモンドリリー」とも呼ばれています。開花の時期が長く、切り花にしても花もちが良いので、花束やアレンジメントにも使われます。

秋の六甲山は、早めの紅葉もオススメです!

kohautiwakaede
akayasio
karamatu
hidakamisebaya
IMG_5207