2021年4月3日 日本最大級のアスレチック誕生!!

背景模様
背景模様
背景模様

山、空、水辺。全てが舞台の冒険王国

GREENIA

開業から83年となる
六甲山カンツリーハウス。
2021年春、六甲山フィールド・
アスレチックとフォレスト
アドベンチャー・神戸六甲山を
組み込んで新たなアスレチック施設
「六甲山アスレチックパーク
GREENIA」として
生まれ変わります!

六甲山カンツリーハウス
六甲山フィールド・アスレチック
フォレストアドベンチャー・神戸六甲山

二つの施設が合体!

下方向三角形画像

over150points

陸上・空中・水上に80アクティビティ
以上のアスレチックが新設!
日本最大級の150アクティビティを超える
アスレチックを遊びつくそう!

背景模様
背景模様
背景模様

日本一の再生回数を誇る人気動画クリエイターフィッシャーズが80ポイントを監修

フィッシャーズのロゴ
フィッシャーズ監修 アスレチック制作の舞台裏
STEP1
アスレチック ラフイメージ
フィッシャーズ シルクロードが企画したスケッチ!
STEP2
スケッチから想像力を働かせて、楽しくて写真も撮りたくなるアスレチックになるようデザインしました!
アシタノシカク イハラナツミ
アスレチック デザイン

*完成イメージ

STEP3
建設
塗装
GOAL
完成したアスレチック
ウラにもイラスト
制作期間およそ6ヶ月!めっちゃ遊べるアスレチックが完成! ンダホ絶賛!
背景模様
背景模様
背景模様
背景模様

新アスレチック3つのポイント!

フィッシャーズ写真1

#01

めっちゃでかい!

約230,000㎡の広大な敷地がフィールドに!甲子園球場およそ6個分にも及ぶエリアを満喫♪

甲子園球場6個分画像

※六甲山カンツリーハウス約200,000㎡ + 六甲山フィールド・アスレチックFA約30,000㎡

※甲子園球場 約38,500㎡

フィッシャーズ写真1

#02

めっちゃ多い!

現在の2つのアスレチックを含め、150ポイントを超える日本最大級のアスレチックに!

※現在、六甲山には「六甲山フィールド・アスレチック」と「フォレストアドベンチャー・神戸六甲山」がある。

フィッシャーズ写真1

#03

めっちゃ遊べる!

陸上、空中、水上。すべてが舞台に! 子どもはもちろん、大人になってからも、何度でも遊べるぞ!

SPECIAL MOVIE

スペシャルムービー 第1弾

【暴露】100億回再生されるコツを話します!!【最大級のお知らせ】

2020.08.05配信

累計再生回数100億回の記念動画にGREENIAの情報が登場!どんなアスレチックが完成するのか・・・!乞うご期待!

スペシャルムービー 第2弾

【日本最大級】六甲山アスレチックパークGREENIA 2021年春オープン!

2020.08.06配信

GREENIAのWEBCMが公開されました!「甲子園球場(およそ)6個分の敷地を遊びつくそうぜ!!!」

リニューアルオープンに向けて、スペシャルムービーを続々配信予定!

Coming Soon …

fisher's PROFILE

フィッシャーズのロゴマーク
Fischer'sフィッシャーズ

メンバーそれぞれの個性が光る思い出系ネットパフォーマンス集団。バラエティ豊かなメンバーが揃った時の掛け合いが抜群。中学の思い出として動画投稿をスタートしたのが始まりで、今では多くのファンを持つチャンネルに成長した。コメディ、チャレンジなどを、とりあえずテーマを決めてカメラを回し、あとはアドリブで動画を作り上げていくという、ライブ感と息ピッタリなメンバーの関係性が見所なチャンネル。

アスレチック豆知識

アスレチック豆知識01
実は日本発祥

日本で広く知られる屋外のアスレチックは、「フィールドアスレチック」と呼ばれる野外活動。森や野山をそのまま利用するので大自然の中遊べます。 フィールドアスレチックの考え方は1970年に日本で発祥しており、実は日本で生まれた自然の遊びなのです。

“森や山野の自然の地形や立木をそのまま利用し、丸太やロープを用いてつくられた野外運動用施設。また、その施設を使い、運動し、楽しみながら健康づくりができる野外活動システムのことである。
実業家の井坂弘毅(いさかこうき)(1933―)により1970年(昭和45)に企画立案され、野外での健康づくりシステムとして確立された。フィールドアスレチックという名称は、フィールド(野外)とアスレチック(体育)の合成語で、和製英語だが、英語圏でも浸透している。日本で生まれた野外活動であるが、アメリカ、韓国、中国などでも行われている。”

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)

アスレチック豆知識02
日本最大規模は
秋田と大阪、千葉に

現在、日本最大規模のアスレチックは秋田県にあり、100ポイントのフィールドアスレチックと、40ポイントのアスレタワーで構成されています。また、同規模のアスレチックが大阪府と千葉県にもあり、120種のアクティビティが楽しめる万博BEASTと、100種のアスレチックで遊べる清水公園フィールドアスレチックになります。(いずれも当社調べ)

  • 秋田県立中央公園:アスレタワー

    秋田県立中央公園:アスレタワー

  • 大阪府:万博BEAST

    大阪府:万博BEAST

  • 千葉県:清水公園フィールドアスレチック

    千葉県:清水公園フィールドアスレチック

SHARE

カンツリーハウス画像

六甲山カンツリーハウス

1937年に誕生した自然いっぱいの「みんなの遊び場」。園内には本格アスレチック「フォレストアドベンチャー」や緑豊かなBBQ場、ペダルボート等の遊具があり、「真夏の雪まつり」や「六甲ミーツ・アート芸術散歩」等の季節のイベントも豊富で、大人から子どもまで楽しめるレジャー施設。

フィールドアスレチック・神戸六甲山画像

六甲山フィールド・アスレチック

1978年に誕生した日本フィールドアスレチック協会公認のアスレチック施設。全40ポイントの木製遊具が配置された全長1kmのコースは大人から子どもまで楽しめるように配慮されており、すべてのポイントに沿道を設ける他、20ポイントのみを回るコースも用意されているので体力に合わせて楽しめる。じゃらんの全国アスレチックランキング(2019年4月~11月)で1位を獲得した人気のアスレチック施設です。