Language

アーティスト Artist

本濃研太

本濃研太

僕のDNAが知っている 2020年 第23回岡本太郎現代芸術賞展 川崎市岡本太郎美術館

プロフィール

本濃研太

本濃研太 / Genta HONNOH

1978年 北海道生まれ、神奈川県在住。
2003年 バンタンデザイン研究所ポップアート本科卒業

2003年より、ダンボールで成形し、アクリル絵の具で着彩した、繊細かつ大雑把な”ダンボール彫刻”を中心に活動。
2012年に宮城県「風の沢ミュージアム」、2015年に千葉県「ふなばしアンデルセン公園子ども美術館」で大規模の個展を開催。
また、演劇集団「風煉ダンス」、「 渋さ知らズオーケストラ」、「白崎映美&とうほぐまづりオールスターズ」の公演に舞台美術として参加。
越後妻有トリエンナーレ2018、瀬戸内国際芸術祭2019に参加。
2020年「第23回岡本太郎現代芸術賞」特別賞受賞。

Genta HONNOH
Born 1978 in Hokkaido. Lives in Kanagawa.
2003 Graduated from Vantan Design Institute Depertment of Art

He is a sculptor.Since 2003, he has been creating delicate and broad “Cardboard Sculptures” which are made of cardboard and painted with acrylic paints. His major exhibitions were held in Kazeno Sawa Museum (Miyagi, 2012) and Funabashi Andersen Koen Kodomo Museum (Chiba, 2015) while he made theatrical works and music stage for Furen-Dance,Shibusashirazu Orchestra and Shirasaki Emi&TouhoguMazuri All Stars. He exhibited at Echo-Tsumari Art Triennale and Setouchi Triennale. He won a special award at 22nd Taro Okamoto contemporary Art Award in 2020.

Web
http://honnoh-genta.com/
Instagram
@honnoh_genta

主な展覧会歴

2018年
個展「僕のDNAが知っている」 / マキイマサルファインアーツ(東京)
2017年
個展「ますますだいたんになる猫科動物たち」 / ウレシカ(東京)
2015年
個展「ダンボール彫刻!アンデルセンと動物たち」 / ふなばしアンデルセン公園子ども美術館(千葉)
 
2018
solo exhibition"My DNA knows all "(Makii Masaru Fine Arts,Tokyo)
2017
solo exhibition"Inceasingly bold cats"(URESICA,Tokyo)
2015
solo exhibition"Cardboard Sculptures! Andersen and the animals"(Funabashi Andersen Koen Kodomo Museum,Chiba)

受賞歴

2020年
「第23回岡本太郎現代芸術賞」特別賞
2005年
「群馬青年ビエンナーレ’05」入選
2003年
「Tama Art Competition 2003」大賞
 
2020
"23nd Taro Okamoto contemporary Art Award"Special award
2005
"Gunma biennale For Young Artists’05"winning a prize
2003
"Tama Art Competition 2003"Grand Prize

その他写真

本濃研太

僕のDNAが知っている(部分) 2020年 第23回岡本太郎現代芸術賞展 川崎市岡本太郎美術館

本濃研太

僕のDNAが知っている(部分) 2020年 第23回岡本太郎現代芸術賞展 川崎市岡本太郎美術館

SNSフォトコンテスト
グルメ&ショッピング
おすすめプラン モデルコース