Language

お知らせ お知らせ

2018年03月27日 |お知らせ

「六甲ミーツ・アート 芸術散歩2017」アンコール展示を実施します!

昨年秋に開催した「六甲ミーツ・アート 芸術散歩2017」のアンコール展示を4月27日(金)~7月31日(日)まで期間限定で実施します。
特に人気のあった作品の中から、メインビジュアル作品として幅広い世代に親しまれたさとうりさの「あべちゃん、なんかついてるよ」をはじめ、現代美術二等兵の作品「KoiのRock 'n' Roller」など5作品を展示します。

『六甲ミーツ・アート 芸術散歩2017』アンコール展示開催概要

【展示期間】 2018年4月27日(金)~7月31日(火)

【開催時間】 10時~17時 ※会場により17時以降も鑑賞できる作品あり

【出展アーティスト(展示会場)】
川島小鳥(六甲オルゴールミュージアム)
現代美術二等兵(六甲山カンツリーハウス)
さとうりさ(自然体感展望台 六甲枝垂れ)
田中千紘(六甲ガーデンテラス)
楢木野淑子(六甲高山植物園)

web001

あべちゃん、なんかついてるよ/さとうりさ
【展示場所】自然体感展望台 六甲枝垂れ

柔らかな印象の曲線、美味しそうにも見える心地よい造形が作者の作品に独特な印象を与えています。そこから伝わってくるのは、寂しいような、可笑しいような、切ないような、嬉しいような、あきらめのような、、、ちょっと複雑な感情です。
人間のようにも見える一見可愛くしかし可愛いだけではない「何か」を中心に作品を展開してきた作者。その表現に通底しているのは、コミュニケーションのあり方への探求なのでしょうか。

web003

幸せの種まき/田中千紘
【展示場所】六甲ガーデンテラス

ステンドグラス作家である作者の制作した4,099本の四つ葉のクローバーを、来場者と共に植えていき空間を作り上げる本作品。来場者が自身の幸せを見つめなおし、そのエネルギーが空間全体を満たす場所を作り出したいという作者の思いが込められています。一面に植えられたクローバーは、自身や周りの環境を映す鏡として、晴れの日も雨の日もキラキラと空に向かって輝きます。
クローバーを植える体験は4月27日(金)、28日(土)、29日(日)に実施します。4月28日(土)はワークショップを開催!

nitohey

KoiのRock 'n' Roller/現代美術二等兵
【展示場所】六甲山カンツリーハウス

現代美術二等兵は自身の作品を「駄美術」と呼んでいます。「お菓子の中に”駄菓子”があるように美術界にも”駄美術”があるのでは(作者ホームページから抜粋)」と作者は述べていますが、かつて駄菓子は子供の生活に不可欠なものでした。幅広い鑑賞者に力の抜けた驚きや笑いそして皮肉を投げかけ、背後に現代社会が透けて見える作品は作者の優れた着想力によるものです。30分に一度作動するパフォーマンスにご注目ください。

web002

あるべきようわ、ムコの山/楢木野淑子
【展示場所】六甲高山植物園

作者は「華やかさや豊かさ、生命力溢れ出るような歓びを表現する事」を目指して、陶による大型作品のインスタレーションを各地で行っています。
鑑賞者はこれまで作者のイメージの中に浮かんだ風景や事象、動植物を絵画的に取り入れた、柔らかい色調で彩られたレリーフ状の表面に触れることができます。降雨や日差しによって変化する周囲の環境と共にテクスチャーの移ろいも楽しめる作品です。

kawashima

昨日の君、明日のあなた/川島小鳥
【展示場所】六甲オルゴールミュージアム

写真界の芥川賞とも言われる木村伊兵衛写真賞。台湾の風景や人を3年間に亘って撮影した写真集『明星』で同賞を受賞した作者の国内初めての屋外展示を再現します。
作者の写真は、写真集『未来ちゃん』で広く知られるようになりました。作者の無意識の内にある“被写体を肯定する感覚”が被写体の素の魅力を引き出し、見るものを引きつけます。自然の中に展開する“写真の庭”で優しい時間をお楽しみください。

最近のお知らせ

天 候: 22℃ |景 色: 2018/08/15 09:03 現在

鑑賞プラン
秋のおすすめグルメ&スイーツ
おみやげにおすすめ!ショッピング情報