当サイトは以下のウェブブラウザでの閲覧を推奨しております。
推奨ウェブブラウザ以外でのご利用においては、掲載コンテンツが正しくご利用できないことがございます。

パソコン:Internet Explorer9以上、Google Chrome、Mozilla Firefox、Safariの各最新版(2016年6月現在)
スマートフォン:iOS7以上、Android4.1.X以上に搭載の標準ブラウザ(2016年6月現在)

2019/08/17 09:00 現在 天候:28℃ 景色:

ニュースリリース

2019年8月9日

六甲山光のアートLightscape in Rokko 秋バージョン「秋は夕暮れ」 9月1日(日)からスタート! ~エリア内「見晴らしの塔」のライトアップも開催~

  • シェア
  • ツイートツイート
  • シェアシェア

六甲山観光株式会社(本社:神戸市 社長:宮西幸治 阪神電気鉄道株式会社100%出資)が六甲山上で運営する「六甲ガーデンテラス」では、2019年9月1日(日)から11月30日(土)の間、六甲山光のアート「Lightscape in Rokko 秋バージョン~秋は夕暮れ~」を開催します。
「六甲山光のアートLightscape in Rokko」は、1000万色以上の色彩表現ができるLED照明を使って、展望台全体を覆うフレームを限りなく自然光に近い光で内側から照らす光の演出です。親近感ある風景を表現する光による描写は照明デザイナー・伏見雅之氏の演出によるもので、六甲山から望む1000万ドルの夜景とともに季節の移ろいを感じていただけます。
また、9月13日(金)から始まる「六甲ミーツ・アート 芸術散歩2019」出展作品として、見晴らしの塔と見晴らしの塔近隣のカフェ「グラニットカフェ」を同氏の演出によってライティングし、幻想的な音色に連動した優雅な光が、より一層エリアを華やかに彩ります。空気が澄み夜景がひときわ輝く秋、「六甲枝垂れ」と「見晴らしの塔」2つの光のアートの競演を、眼下に広がる1000万ドルの夜景とともにお楽しみください。

ニュースリリース一覧へ