当サイトは以下のウェブブラウザでの閲覧を推奨しております。
推奨ウェブブラウザ以外でのご利用においては、掲載コンテンツが正しくご利用できないことがございます。

パソコン:Internet Explorer9以上、Google Chrome、Mozilla Firefox、Safariの各最新版(2016年6月現在)
スマートフォン:iOS7以上、Android4.1.X以上に搭載の標準ブラウザ(2016年6月現在)

2019/12/14 09:00 現在 天候:5.3℃ 景色:

ニュースリリース

2019年7月23日

六甲高山植物園 林床に咲く涼しげな花 日本の固有種 レンゲショウマが見頃です!

  • シェア
  • ツイートツイート
  • シェアシェア

六甲山観光株式会社(本社:神戸市 社長:宮西幸治 阪神電気鉄道株式会社100%出資)が六甲山上で運営を行っている六甲高山植物園では、「レンゲショウマ」が見頃を迎えました。
レンゲショウマは、キンポウゲ科の多年草で、1属1種の日本の固有種です。東北地方南部から中部地方までに点々と分布していて、近畿地方では奈良県大峰山の石灰岩地にのみ自生しています。蓮に似た花の直径は3cmほどで、下向きに咲きます。ろう細工のような半透明の薄紫色の花が美しく、カメラマンを中心にファンの多い花です。また、林床の木漏れ日の中で花が揺れる様子は涼しげでインスタグラムをはじめとするSNSでも良く映えます。当園のレンゲショウマの見頃は8月中旬までの見込みです。

ニュースリリース一覧へ