当サイトは以下のウェブブラウザでの閲覧を推奨しております。
推奨ウェブブラウザ以外でのご利用においては、掲載コンテンツが正しくご利用できないことがございます。

パソコン:Internet Explorer9以上、Google Chrome、Mozilla Firefox、Safariの各最新版(2016年6月現在)
スマートフォン:iOS7以上、Android4.1.X以上に搭載の標準ブラウザ(2016年6月現在)

ROKKO MEETS ART

2019/03/26 09:00 現在 天候:7℃ 景色:

いいね
ROKKO MEETS ART

ニュースリリース

2019年3月13日

六甲山光のアート『Lightscape in Rokko』 年間ライトアップスケジュール決定! 春バージョン「春はあけぼの」 3月16日(土)から開催

  • シェア
  • ツイートツイート
  • シェアシェア

六甲山観光株式会社(本社:神戸市 社長:宮西幸治 阪神電気鉄道株式会社100%出資)が運営する「自然体感展望台 六甲枝垂(しだ)れ」では、今年も「六甲山光のアートLightscape in Rokko」を実施します。季節ごとに変わる  演出のスケジュールが決定し、春バージョン「春はあけぼの」は3月16日(土)から開催します。

「六甲山光のアートLightscape in Rokko」は、1000万色以上の色彩表現ができるLED照明による限りなく自然光に近い光を使って、展望台全体を覆うフレームを内側から照らす光の演出で、毎年多くの方にご来場いただいて

おります。今年のテーマ「枕草子」では、清少納言が記した、日本人が昔から親しんできた四季折々の情景を、季節ごとに、春・夏・秋・冬の4パターンで表現します。親近感ある風景の光による描写は、照明デザイナー・伏見雅之氏の演出によるもので、六甲山から望む1000万ドルの夜景とともに、季節の移ろいを感じる幻想的な光景をお楽しみいただけ

ます。

ニュースリリース一覧へ