閉じる

スタッフからの一言

2019年09月19日

アサギマダラ飛来

アサギマダラは日本で見られるチョウで唯一、長距離の「渡り」をする種として知られています。長いものでは台湾まで海を渡って数千キロも旅をするものも確認されています。キク科のフジバカマを好んで吸蜜し、当園でもフジバカマやヒヨドリバナに集まってきます。アサギマダラのオスは蜜に含まれるアルカロイド系の毒を摂取することで、メスを誘うフェロモンを出していると考えられています。当園のアサギマダラは、9月下旬くらいまで見られる予定です。
アサギマダラ飛来

一覧に戻る