閉じる

スタッフからの一言

2020年01月27日

【六甲枝垂れスタッフノート】

暖冬の影響でしょうか…
まだ1月なのにふきのとうが芽を出しています。
ふきのとう、と言えば雪の下から顔を出し春の気配を感じさせてくれるもので、六甲枝垂れでは毎年2月中旬にこの様な写真を撮っていました。
27日は春先の季節風のような強い南風が吹いて荒れていました。
本当に、このまま春になってしまうのでしょうか。
すごく雪が降った年のように
これはこれで記憶に残る冬になりそうです。
【六甲枝垂れスタッフノート】

一覧に戻る